老人ホームパンフ

1. 介護認定の流れ

1. 介護認定の流れ

介護認定の流れをわかりやすく解説
市区町村窓口に申請書を提出、認定調査、医師の意見書、審判判定、認定通知、自立、予防サービスの利用検討、要支援、要介護、ケアプラン作成、ケアプランに沿った介護サービススタート

2. 老人ホームご入居までの流れ

2. 老人ホームご入居までの流れ

老人ホームご入居までの流れをわかりやすく解説
介護施設の検討(電話もしくは資料請求) 、施設見学、入居の仮申し込み、候補施設の確定、入居申し込み(入居申込書、健康診断書介護保険証、各種医療保険者証) 、本人確認、入居審査、体験入居、入居契約(入居契約書、重要事項説明書管理規定) 、契約(支払い)

3. 申請から介護認定通知を受けるまで

3. 申請から介護認定通知を受けるまで

申請から介護認定通知を受けるまでをステップごとに解説しました。
介護や支援が必要になった場合、要介護認定の申請を行います。
本人または家族などが市区町村の担当窓口にて行う必要があります。
要介護認定は、介護を受ける人にどれだけの介護が必要かを見きわめるために行われるものです。
そして申請をすることでご本人の要介護度が決まります。

4. 老人ホームの種類と特徴

4. 老人ホームの種類と特徴

老人ホームの種類と特徴を説明したページです。
老人ホームにはさまざまな種類があり、目的や費用も異なります。
まずはどのような老人ホームがあるのかご紹介しましょう。

5. 老人ホームのメリットとデメリット

5. 老人ホームのメリットとデメリット

老人ホームのメリットとデメリットを解説しました。
どんな施設でもメリット・デメリットはあります。
介護に関しての知識量によって差がでると思いますが、あらかじめ老人ホームのメリット・デメリットを知っておくと参考になると思います。

6. 主な老人ホームを把握しましょう

6. 主な老人ホームを把握しましょう

主な老人ホームをわかりやすく解説
施設のタイプ別で有料老人ホームの入居理由や費用、条件、契約形態、ポイントをご紹介

7. 老人ホームご入居前に押さえるべき6つのポイント

7. 老人ホームご入居前に押さえるべき6つのポイント

老人ホームご入居前に押さえるべきポイントを6つに絞って解説しました。
老人ホームは自分でも調べることができますが、ワントップハウスでは下記のような違いがあります。
・希望されるエリアの施設を全て網羅しています。
・地域密着で紹介をしているので細かな情報も把握しています。

8. 介護保険自己負担額

8. 介護保険自己負担額

介護保険自己負担額をわかりやすく表にしました。
住宅型有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅の入居にかかる費用
介護付有料老人ホームの入居にかかる費用
グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の入居にかかる費用
について解説しています。

9. 老人ホームの紹介からご入居の流れ

9. 老人ホームの紹介からご入居の流れ

老人ホームの紹介からご入居までの流れをステップごとにまとめました。
入居申し込みから入居までには時間がかかります。
ご入居に際しては、どなたも施設側からの入居判定がこざいます。
そのため、「診療情報提供書」と「健展診断書」(感染症の有無などの確認)のご用意が必要となります。
お申し込みからご入居まで、通常1週間~2週間ほどかかりますのでご注意ください。

10. トラブル回避のポイント

10. トラブル回避のポイント

事前にトラブルを避けるためのポイントです。
長期入院など途中退去によるトラブル、入居一時金のトラブル、必要以上の介護によるトラブル、実際の請求額がパンフレットと違うことのトラブル、契約内容とサービス内容が異なるトラブルについて、原因と注意点を記載しています。